menu

探偵に依頼するときは注意点があります

HOME » 探偵に依頼するときは注意点があります

探偵に依頼するときは注意点があります

探偵さんへ実際に依頼をしてみて、知っとくといい注意点もあるなって思ったので、そこをちょっとご紹介します。
まず最初に、依頼を相談したとき、依頼したい内容をできるだけ具体的に、そしてなるべく正確に伝わるように、依頼人の側でも意識しといた方がいいです。

たとえば私の場合は旦那の不倫調査をお願いしましたけど、正確には旦那の素行調査の依頼になったんですよね。
このときにやっとくといいのが、調査してもらいたい相手の情報の用意だったんです。
最初ちょっとここが曖昧だったんですが、相談したときにここをちょっとお願いされまして。
もちろん最低限の情報を教えてもらえれば探偵の側でカバーはできますけど、できるだけ多くの情報を正確に教えてもらった方が調査もスムーズですし、費用もお安くできることが多いんですって。

それを聞いて、できるだけ旦那の情報をしっかり集めて、また探偵さんへと伝えさせてもらいました。
私が用意したのが、旦那の顔写真、乗ってる車の車種やナンバープレートなどの情報、仕事の行き帰りで着ている服装の写真、普段の行動スケジュールなどです。
これから探偵さんが旦那を調べるにあたって、手掛かりになりそうな情報は片っ端から用意した感じですね。
こういうのを最初から用意しておくとスムーズみたい。
なくても対応できなくはないけど、依頼するコッチとしてもできるだけスムーズな方が嬉しいですし、これは用意しとくといいかも。

このほかの注意点は、費用の確認。
探偵さんの利用はもちろん費用がかかるんだけど、その仕組み的に、調査にかかる人数や機材が増えるほど高くなるみたい。
私は離婚の裁判もできるくらいの不倫調査じゃなくて、最低限の素行調査だけだったのでそれほどたくさんの探偵さんをお願いしたわけじゃありません。
それでも対象者の尾行が必要になる調査だと、最低でも2人は調査員をつけることをオススメするとは言われました。
そうでないと、対象者を見失うことも多いんだそうです。

それじゃあと、最低限の人数としてオススメされた2人でお願いしたんですけど、それでも探偵さん1人について、1時間あたり4000円近くはかかってるので、2人合計、調査期間合計でけっこうなお金はかかりました。
私はこれでも安く済んだ方ですけど、本格的な調査をお願いしてもっとお金がかかる人もいるみたい。
コチラがお願いした調査内容と計画で、それにかかる費用は見積もりを出してもらえました。
それで実際いくらかかるかは確認できるので、それをちゃんと確認しておいてもらいたいですね。